転勤を命じられた事を機に転職を考える人へのアドバイス

サラリーマンと転勤

 サラリーマンにとって、転勤は付きものです。全国規模で企業活動を展開する企業に、営業職として就職したような場合は、各地への転勤を覚悟されているでしょう。しかし大企業でも、メーカーの製造部門などに勤める場合は、転勤は余り頭に無い様です。

 また中小企業で、企業活動が一定のエリアに限定されている場合には、転勤など考える事なく就職されている場合もあるでしょう。しかし、企業を取り巻く環境変化に合わせて、企業は事業拡大のために地方への展開を図る場合もあります。一方で大企業では、リストラのために自分の勤務する工場が閉鎖されると言った事もよく起こります。こうした場合に、考えもしなかった転勤の必要性が生じる事が生じます。

転勤は拒否できるのか

 会社から転勤の命が下された場合、これを拒否する事はできるのでしょうか?内示された転勤を断っても、若干出世などに影響する可能性があるだけで、社員の言い分を聞いてくれる企業もありますが、実際には中々難しいのが実態です。

 しかし、転勤が限られた年月だけで、約束はできないが、3年で元に戻すと言った条件を貰えれば、単身赴任で3年間頑張って見ると言う手も考えてみるべきです。しかし一般的には、法的な判断は別にして、転勤の打診に対してNOで返答し会社側が了解してくれない場合には、辞める覚悟も必要となる場合が多いものです。

転勤を機に転職をする人に向けて

 転勤を命じられ、家庭の事情や自分のライフバランスなどの理由から転勤を拒否し、それを機会に転職するなら、再就職時に考えておくべき事があります。それは、再び同じ事が生じないように、できる限り転勤の無い就職口を探す事です。

 最近では、転勤をしなくても良いエリア限定社員制度などを導入している企業もあり、こうした企業を選択するなどが必要です。もちろん、こうした制度が適用される場合には、全国への転勤が前提の人より賃金が少ない事は受け入れる必要があります。

 転勤を拒否して、転勤よりも転職を選ぶ事も生き方ですが、状況が許すなら転勤で新たな地に異動する事も住めば都で意外と良い経験になるものです。いずれにしても、自分の人生の転機です。良く考えた行動で、後悔のないようにしたいものです。